成長ホルモンとバストアップ

成長ホルモンとバストアップの関係

成長ホルモンはバストの成長をサポートします。

 

他にも、美肌、ダイエット、疲労回復など、美容や健康に大切な役割を果たしています。

 

ですから、成長ホルモンの分泌を活発化させることは、バストアップには欠かせませんが、実はそれだけではなく、ラクトゲン受容体も関係しています。

 

ラクトゲン受容体とは、成長期に女性の乳腺できる組織で、授乳を促すホルモンが反応を起こすように促す器官のことです。

 

ラクトゲン受容体ができるのは、10歳〜30歳頃までといわれています。個人差があり、中にはできない人もいます。ちょうど12歳〜18歳の成長ホルモンの分泌が活発になる時期と、ラクトゲン受容体の量が増える時期がうまく一致した人は、豊かなバストになるわけです。

 

そして、成長ホルモンの分泌は思春期以降、減っていきます。思春期と比較して、20代で半分、30代では25%まで減るといわれています。ですから、20代後半〜30代頃にラクトゲン受容体が増えても、成長ホルモンの量は減っているので、バストに成長に大きな差が出てしまいます。

 

胸が小さい人は、ラクトゲン受容体の量がそもそも少ないか、成長ホルモンの分泌とタイミングが合わなかったかが考えられます。

 

では、ラクトゲン受容体の有無を確かめる方法として、バストアップサプリが適しています。

 

バストアップサプリには、女性ホルモンの分泌を促す成分が配合されています。当サイトで紹介しているベルタプエラリには、女性ホルモンの分泌を促すプエラリアを1日400r摂取できます。

 

 

もしラクトゲン受容体があれば、約1〜2週間ほどでバストにハリを感じ始めるはずです。

 

バストアップサプリを摂取して、バストにハリが出てきた人は、継続して飲み続け、加えてホルモンの分泌を活発化させる生活習慣を心がければ、バストアップも十分に可能といえます。

 

逆に、バストアップを摂取しても何の効果も感じない人は、ラクトゲン受容体がないことが考えられます。

 

それなら、ラクトゲン受容体の量が増やせば、バストアップも夢ではないはず!と思いますが、今現在、ラクトゲン受容体を増やしたり、作ったるすることはできないといわれています。

 

ただし、ラクトゲン受容体が少ないからと言って、あきらめる必要はありません。成長ホルモンとラクトゲン受容体の両方を活発化する成分があります。それがL-オルチニン、L-アルギニン、ギャバ、アミノ酸です。こうした成分を意識的に摂取すれば、バストアップ効果を高めることができる可能性はあります。

 

サプリメントでもいいですし、こうした成分を多く含む食べ物を摂るようにしてもいいですね。

L-オルチニン しじみ、マグロ、ヒラメ、チーズ、パン、えのきだけ
L-アルギニン 大豆、イカ、ハム、チーズ、牛肉
ギャバ トマト、ジャガイモ、ナス、カボチャ、みかん、ぶどう、発芽玄米

食生活に気を配り、他にも、たっぷりと質のいい睡眠をとるなどして成長ホルモンの分泌を促す生活習慣を心がけます。

 

そのうえで、バストアップサプリを摂取していけば、効果を得られやすくなるといえます。

 

ベルタプエラリアなら、1日3粒で400rのプエラリアを摂取できますし、高品質で確かな保証の付いたプエラリアを配合しているので、安心してバストアップに励むことができます。